金融ブラックがお金を借りる方法

毎日が返済日

退職して無職!クレジットカードは期限更新(切り替え)できるのか?再発行は?

更新日:

・クレジットカード会社はトラブルのない顧客には無関心

たとえ前会社を辞めて無職になったとしてもクレジットカード会社からすれば引き落とせなくなった時点で登録してある会社への確認を取るので基本的に問題はありません。

顧客からの信用で成り立っている会社ですし、あまり窮屈に連絡等を行うクレジットカード会社だと自由度が足りないとのことで顧客が離れてしまいます。顧客が少ない=信用がないということなので問題を起こさないように使うことで問題なく更新等行えます。

・再発行はクレジットカード会社によるので注意

特に問題なことをしていない人には関係のない話ですが、延滞等多い場合は銀行系のクレジットカード再発行では審査が厳しく再発行できない場合があるので注意しましょう。

・未入金、延滞はなるべくしないでうまくクレジットカードを使いこなそう

無職でもクレジットカードがないとネットで買い物ができない等、不便になることが多いです。

それでも預金額や過去の支払いに傷等ない場合は無職でもクレジットカードは発行できるようになりましたし、現在持っているカードも何事もなく再発行や切替ができるので、使い方を十分頭に入れて使いこなすことで役に立つアイテムになるでしょう。

 

無職でクレジットカードの更新拒否、利用停止されるケース、されないケース

クレジットカードを契約中、事情により無職になってしまうことは少なからずあります。このような場合、契約更新が出来るのか不安になります。無職といっても、形態は様々であり、結婚により専業主婦となった場合も、就業していないため、無職という扱いになります。

無職と専業主婦は違う

では、どのような場合において、契約更新が出来ず、利用停止になるかというと、支払が出来るかどうか、つまり収入があるかが重要です。専業主婦の場合、配偶者に安定した収入があれば、クレジットカードの契約は継続可能です。

独身の無職は致命的

配偶者がおらず、自分自身に収入が無いといった方は、更新は難しく、利用停止になる可能性は高くなります。

無職といっても、一時的な理由すなわち再就職するまでの短期間であれば、問題はありません。ですが、長期に亘り安定した収入が無い方は、支払能力が無くなるため、厳しいのが実情です。

無職でキャッシング枠は不可

そして、クレジットカードにショッピング枠だけでなく、キャッシング枠を設定している方は収入が無くなった時点で、利用停止そして更新が出来なくなります。

キャッシング枠は貸金業法が適用され、利用条件に本人に安定した収入があることが前提条件になっています。

専業主婦となった場合は、本人に安定した収入が無くなるため、利用出来なくなる他、利用限度枠の一部に組み込まれているため、完済しない限りクレジットカードの新規利用が出来なくなるケースもあります。

先ずは、自分自身に安定した収入があるか、キャッシング枠を設定していないかが重要になります。

 

クレジットカードの名義変更や住所変更時に無職だと問題あるか

クレジットカードを作る時は勤務先を申告して審査で在籍確認が行われます。

それで在籍確認が取れると審査が可決されてクレジットカードが発行されます。

しかし勤務先を退職して無職になった時に変更手続きをすると問題が発生してしまうのではないかと思ってしまう人もいるでしょう。

そこで無職になってからクレジットカードの変更手続きをしても大丈夫なのかどうか確認していきましょう。

・利用実績があれば大丈夫

クレジットカードを作る時に勤務先を申告するのは安定した収入を得ていて返済能力があるかどうかを確認するためです。それで実際にクレジットカードを利用して返済期日までにしっかり返済していれば実績となるので返済能力があると判断されます。利用実績があれば無職になってからクレジットカードの変更手続きをしても大丈夫です。

・利用限度額が少なくなる可能性がある

クレジットカードの利用実績があると限度額も増えてきますが、無職になると収入がなくなるので多額の利用はリスクが高くなってしまいます。それで無職になってからクレジットカードの変更手続きをすると利用限度額が少なくなる可能性があります。

・無職になった事を報告しないと強制解約になる事がある

クレジットカードの利用規約の中に勤務先の変更があった時はクレジットカード会社に報告しなければいけないという項目があります。

それで無職になった事を報告しないでクレジットカードの変更手続きをすると規約違反をしている事がバレてしまうので強制解約になる事があります。

 

無職で生活保護でもクレジットカードの持つ方法!注意点は

生活保護受給中にクレジットカードは持てるのかどうかは、様々な支払いを行う上では気になることです。クレジットカードによる支払による恩恵は、支払によりポイント優遇や優待サービスがあるなど、家計に於ける支出を抑える上ではメリットがあります。

結論として、クレジットカードを持つことは出来ます。ただし、『保有できる』ということと『契約して利用出来る』ということは、同意義ではありません。

保有できる条件はあくまで、生活保護受給前に契約しているクレジットカードになります。新規申込により契約する場合、審査段階で生活保護受給者は無職となり、スコアリング判定でも不利になります。もし、職業情報を偽った場合、虚偽の申告となり、クレジットカードの利用規約違反に該当し、利用停止や一括返済請求を求められる可能性があります。

インターネット上では、『生活保護受給』と申告しなければ契約出来るという紹介サイトがあるものの、審査段階で勤務先への在籍確認や代替書類に対応でバレます。書類を誤魔化しても、文書偽造や詐欺といった罪に問われる可能性があるため、生活保護受給中に新規契約は避ける必要があります。

そして、生活保護受給前のクレジットカードだから利用出来るという点ですが、生活保護自体が打ち切られる可能性もあります。生活保護精度は、生活困窮者に対し健康で文化的な最低限度の生活を保障する、そして自立を促すものです。

クレジットカードによる支払は、買掛金つまり借金となり、『最低限度の生活』と見做されないことになり、クレジットカードでの支払により、生活保護の受給対象から外れてしまいます。クレジットカードによる公共料金の支払対応は幅広く行われており、水道料金も支払うことも可能です。しかし、生活保護を所管する行政に支払情報が筒抜けとなるため、クレジットカードを持っていたからといって安易に利用するのには注意が必要です。

市町村によっては、クレジットカードの所有や支払を容認するケースもあるため、生活保護を受給される方は、担当者に確認の上で利用することが重要です。

結論としては、クレジットカードは持ているものの、あくまで既に契約しているもの、そして利用には最新の注意が必要となります。

クレジットカードの更新審査はどこみられる?無職だと没収される?

・クレジットカードの更新審査は無職でも大丈夫?

クレジットカードを新規に作る場合には安定した収入があることが条件となっていますので、無色の場合には審査に通過するのは難しいと言えます。

しかし、クレジットカードを何年か使って更新する際に無職だとどうなるのでしょうか。結論から言うと、無職でも更新審査には通過することが多いです。なぜでしょうか。主に2つの理由があります。

・信用がある

これまで数年クレジットカードを使ってきて、支払い面で問題なく過ごしている場合にはすでにクレジットカード会社もその実績を重視しますので、無職でもそのまま更新となることが多いです。

クレジットカード会社も今まで問題なく使用してくれていたお客様にはそのまま利用して欲しいというのが本音ですので、無職でも更新となるケースがほとんどと言えます。もちろん、返済面でトラブルがあった場合にはこうした信用実績がないので、更新審査では不利になってしまいます。

・カード会社が無職になったことを知らない

更新審査では、そもそもカード会社が無職になったことを知らないでそのまま更新していたということがほとんどです。なぜでしょうか。それは更新審査の場合には申請のときに記入した勤務先などの情報がそのまま引き継がれるからです。

つまり、これまでの利用状況で問題がなければ、改めて職場に在籍確認をするというようなことは行いません。そのため、たとえ無職になったとしても問題なくカードを利用しているならば、カード会社もわざわざ改めて調べないのです。

 

退職して無職になったことは報告必要?しないとばれる?

・利用規則上は報告が必要

退職して無職になった場合にはクレジットカード会社の規則上では報告する義務があります。これは勤務先が変わった、無職になったというだけでなく、名前の変更や住所の変更も同様です。カード会社に報告することが求められています。

とはいえ、これまで何年も利用してきたクレジットカードであれば報告しなくてもそのまま更新することができ、カードを使い続けることは可能です。

・無職になったことを報告しなくても更新できる?

クレジットカードの更新審査で重視されるのはこれまでの利用状況と支払い残高などです。仮にこれまで問題なく利用してきたのであればそのままカードも更新される可能性が非常に高いと言えます。

それで、最初にクレジットカードを作ったときの審査のように職場への在籍確認が行われるというようなことはありません。つまり、こちらから無職になったという報告をしなければ、カード会社もそのことを知らずにそのまま更新してくれます。

・無職になったことを報告しないリスクとは?

カード会社に報告しなければ基本的には無職になったことはばれません。しかし、報告しないでそのまま使い続けるとリスクもあります。

例えば、カードの契約が打ち切りになったりということもありえます。あくまで、報告しないということはカード会社の利用規則に反しているということを覚えておきましょう。

無職でも安心クレジットカードは楽天カード

無職でも楽天クレジットカード利用できる

無職でクレジットカードの楽天を利用できるかですが、申込条件を確認すると利用の可否が分かります。

楽天クレジットカードは、アルバイトやパート、専業主婦でも申込することができ、年齢は18歳以上となっています。

この条件を見ると、全くの無職は申込できませんが、年収100万円未満でも収入さえあれば楽天クレジットカードに申込して審査に通る可能性はあります。

専業主婦の場合でも利用可能

クレジットカードの楽天を利用する時、主婦でアルバイトやパートをしていない場合でも利用することができます。

専業主婦は無収入でも、旦那さんに安定した収入があることを条件に申込可能となるので、専業主婦以外の仕事を持たない無職だと利用できません。

また、専業主婦が楽天クレジットカードに申込をする時、旦那さんが既に楽天クレジットカードを持っていても利用することができます。

審査基準は?

楽天クレジットカードの審査基準は、条件以外公表されていないので未定ですが、無職ではないのに審査に落ちる場合は、信用情報機関に延滞や滞納など金融事故の履歴が原因の可能性があります。

無職でも年金受給者の場合、審査に通り利用している人が多数いるので、何かしらの収入がある場合は楽天クレジットカードを利用できる可能性があります。

 

無職になった後クレジットカードの保険を使えるのか

クレジットカードにはいろいろな付帯保険があるのでが発行すると保険を利用する事が出来ます。しかし無職になるとクレジットカード会社の報告しなければいけないので保険を利用する事が出来なくなると不安になってしまうでしょう。そこで無職になってからクレジットカードの保険を利用する事が出来るのか見ていく事にしましょう。

・自動付帯の場合は利用する事が出来る

クレジットカードの付帯保険は自動付帯になっているとクレジットカードに入会すれば保険が適用されるようになっています。それで無職になっていてもクレジットカードを所有していれば保険を利用する事が出来ます。

・利用付帯の場合は利用する事が出来ない可能性もある

クレジットカードの付帯保険は買い物などで支払いをすると保険が適用される利用付帯になっている事もあります。それで無職になってからクレジットカードで買い物が出来なくなってしまうと保険適用外になるので保険を利用する事が出来なくなる可能性があります。

・規約違反をすると利用する事が出来なくなる

クレジットカードの規約の中に勤務先の変更があった時はクレジットカード会社に必ず連絡すると記載されています。それで無職になって時も報告しなければいけませんが、忘れてしまうと規約違反になるので強制解約になってしまいます。それで保険も利用する事が出来なくなってしまいます。

 

-クレジットカード

Copyright© 毎日が返済日 , 2018 All Rights Reserved.