金融ブラックがお金を借りる方法

毎日が返済日

無職で生活保護でもクレジットカードの持つ方法!注意点は

投稿日:

生活保護受給中でも持てるが利用出来るとは違う!

生活保護受給中にクレジットカードは持てるのかどうかは、様々な支払いを行う上では気になることです。クレジットカードによる支払による恩恵は、支払によりポイント優遇や優待サービスがあるなど、家計に於ける支出を抑える上ではメリットがあります。

結論として、クレジットカードを持つことは出来ます。ただし、『保有できる』ということと『契約して利用出来る』ということは、同意義ではありません。保有できる条件はあくまで、生活保護受給前に契約しているクレジットカードになります。

新規申し込みは虚偽申告や生活保護打ち切りも

新規申込により契約する場合、審査段階で生活保護受給者は無職となり、スコアリング判定でも不利になります。もし、職業情報を偽った場合、虚偽の申告となり、クレジットカードの利用規約違反に該当し、利用停止や一括返済請求を求められる可能性があります。

インターネット上では、『生活保護受給』と申告しなければ契約出来るという紹介サイトがあるものの、審査段階で勤務先への在籍確認や代替書類に対応でバレます。書類を誤魔化しても、文書偽造や詐欺といった罪に問われる可能性があるため、生活保護受給中に新規契約は避ける必要があります。

そして、生活保護受給前のクレジットカードだから利用出来るという点ですが、生活保護自体が打ち切られる可能性もあります。

生活保護精度は、生活困窮者に対し健康で文化的な最低限度の生活を保障する、そして自立を促すものです。クレジットカードによる支払は、買掛金つまり借金となり、『最低限度の生活』と見做されないことになり、クレジットカードでの支払により、生活保護の受給対象から外れてしまいます。

クレジットカードによる公共料金の支払対応は幅広く行われており、水道料金も支払うことも可能です。しかし、生活保護を所管する行政に支払情報が筒抜けとなるため、クレジットカードを持っていたからといって安易に利用するのには注意が必要です。

裁量により所有と利用可能なケースも!

市町村によっては、クレジットカードの所有や支払を容認するケースもあるため、生活保護を受給される方は、担当者に確認の上で利用することが重要です。

結論としては、クレジットカードは持ているものの、あくまで既に契約しているもの、そして利用には最新の注意が必要となります。

 

-クレジットカード

Copyright© 毎日が返済日 , 2018 All Rights Reserved.